忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/25 16:27 】 |
【Classical】貴志康一 「竹取物語」
貴志康一 「竹取物語」



あふことも涙にうかぶわが身には
       しなぬくすりも何にかはせむ



使い回しと言っていただいて構いませんが、また書きます
好きなものは好きなんだからしょうがない

ここ最近は完全に貴志康一にハマってまして、作品集を図書館で借りて以来ずっと聴いてます
やっぱり私に内在するジャパニーズなソウルがうんたらかんたらなんですかね

貴志康一のヴァイオリン曲集の中の一曲であるこの「竹取物語」
前に書いたように、湯川秀樹のノーベル物理学賞受賞の後の晩餐会の時にこの曲が流れたことで彼の名が再び知れ渡るようになったわけです

ヴァイオリン曲集は、「月」、「水夫の唄」、「漁師の唄」、「花見」、「龍」、そしてこの「竹取物語」とありますが、どれも素晴らしい曲です
しかしやはりこの「竹取物語」は最も叙情的で美しい曲だと想います
途中の躍動との対比も非常に面白い



おまけ
三宅一徳 「祝宴」~組曲「竹取物語」より~


これはこれで
PR
【2011/12/11 21:27 】 | 【Classical】 | 有り難いご意見(0)
<<【Classical】坂本龍一 「1919」 | ホーム | 【Classical】Alexandre Scriàbine 「交響曲第4番 『法悦の詩』」>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>