忍者ブログ
  • 2017.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/06/29 09:23 】 |
【Classical】Leroy Anderson 「そりすべり」
ルロイ・アンダーソン「Sleigh Ride」



峯の雪が裂け
雪がなだれる
そのなだれに熊が乗つてゐる
あぐらをかき
安閑と
莨をすふやうな恰好で
そこに一ぴきの熊がゐる


クリスマスになるとどこでも耳にしますね
農大通り商店街でも毎日聴きます

やっぱり僕らのアンダーソン。紹介は前にしたので省略します
見てない人は以下のリンクから
【Classical】 ルロイ・アンダーソン 「タイプライター」

先述の詩は井伏鱒二のものです
なんかぱっと思いつきました。深い意味はありません
それにこの曲のそりは馬が牽いてますからね

再現部では主題がジャズ風に変奏されたりととても愉快な曲ですが、曲の最後にある馬の嘶き、あれはトランペットのバルブを半押しにして吹き込むという特殊奏法(ハーフバルブ)によって表現しているそうです。ハーフバルブはグリッサンドとかに使います。まぁ大体みんな動物の真似するとき使うみたいですが


THEクリスマス音楽な一曲でした


おまけ
「トランペット吹きの休日」


Canadian Brass - Saints Hallelujah


私がリスペクトするカナディアンブラス
この姿に憧れて、夢見て、盲信して、という事を思い出したら視界が滲んだのでこれ以上書きません
PR
【2011/12/18 23:54 】 | 【Classical】 | 有り難いご意見(0)
<<【Pops】ナチュラルハイ 「プロローグ」 | ホーム | 【Classical】Pyotr Tchaikovsky 「くるみ割り人形」>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>